髪の毛が真っ白なご年配の方を見ると、つい嬉しい気持ちになる。

美容室で働いているときに、髪の毛が真っ白なお客様が「白髪染めしたい」とご来店されると、ちょっと残念な気持ちになっていました。

「このまま真っ白のほうがきっと綺麗で、染める必要なんか無いのになぁ・・・」

と、心の中で思っていたのです。(要望通りカラーしますけどね)

 

芸能人でも、白髪と黒髪が半々の男性とかいますよね。

グレーというか、いい感じの雰囲気が出てて、すごくかっこいいなぁと個人的に思うのです。

 

同じように、髪の毛が全部白髪になったおじいちゃん・おばあちゃんを見ると、すごく似合っていて綺麗だなぁと思います。

白人のご老人よりは似合わないかもしれませんが、それでもふわっふわとした白髪にググッとくるんですよね(笑)

 

美容師だったからなのか、元からオール白髪のご老人が好きなのか、そこは定かじゃないですけど(笑)

 

ちょっと話は変わりますが、私は若い頃に「髪の毛の色をめちゃくちゃしていた」という過去があります。

脱色剤(ブリーチ)で髪の毛のメラニン色素(黒色)を何度か抜いて、金髪状態を作ってから髪に色を入れていたのです。

 

髪の色がない状態でカラーすると、すごく綺麗な色が出来るんですよね。

ベージュみたいな薄い色から、青がかった灰色なんかもできます。

 

でも、私の髪の毛は元々の黒色が濃かったので、3~4回は脱色しないと綺麗な金髪にはなりませんでした。

そして、何度も脱色すると「針を刺すような痛み」が起こってきて、頭皮がズキズキしてきてしまっていたのです。

 

「あ~白髪のおじいちゃんぐらい、綺麗に脱色できたらなぁ・・・」

若い頃はこんな風に思っていました。

 

だからこそ、何もせずにきれ~~~いな真っ白の髪を持っている人が魅力的に感じるのかもしれません。

 

それか、体毛が白い猫のようなフサフサ感が、なんか可愛らしく感じるのかもしれませんが(笑)

髪の毛で一番大事なのは「清潔感」が感じられるかどうかだと思う。

男性でも女性でも、髪の毛の印象って大きいなぁと感じます。

だからこそ、美容師になって沢山の人を喜ばせれるかな、悩みを解消するお手伝い、幸せのお手伝いができるかなって思ってました。

 

ただ、最近思うことが、髪の毛がおしゃれだろうとなんだろうと、「清潔感」が感じられないとNGかなって思うのです。

自分が好きな髪型・髪色が一番なのは最高ですが、社会の一員として生きていく必要がある以上、清潔感がないとダメな世の中ですよね。

 

特に、若い頃は髪の毛をこれでもかといじり倒している人も多いと思うし、いろんな髪型に挑戦している人も沢山だと思います。

若いときはそれでよかったんです。

 

でも、年齢を重ねていくと、綺麗に整った髪型が重要になってきて、不潔なロングヘアーやぼさぼさ髪はNGに感じてきました。

自分がするのも嫌ですし、そういった髪型をしている中年男性・中年女性も嫌悪感を感じます。

 

なんででしょうかね(笑)

 

加齢臭もしてくるし、カラダの手入れも疎かになってくるから、せめて髪型くらいは綺麗にしようよ!と、個人的に思ってしまうからでしょうか。

細かいことは分かりませんが、私自身が歳をとっていって、髪の毛に求めるのは「清潔感」になってきたのは間違いありません。

 

意外と、同じような意見の方も多いと思うんですが、いかがでしょう?

 

私たちは芸能人じゃないし、そこまで外見で判断されるような日常を送っているわけじゃないかもしれません。

誰かに「この人は綺麗だなぁー」と思われたら、すごくいいことが起こるわけでもないです。

 

それでも、やっぱり中年になってしまうと、不潔に感じる&感じられることが増えてきて、せめて清潔感のあるおばちゃん・おじさんで在るべきだなぁと思うのです。

 

白髪染めも、清潔感を出すために重要な1つですよね。

後は髪型とか、カラダの臭いとか、服装とか、言葉遣いとか。

 

髪型は見た目の大きなファクターですから、せめて白髪は放置せずに、適度に染めて清潔にしておきたいなぁと思うこの頃です。